v.1.001

このプログラムについて

 Tobii社のゲーム用視線デバイスEye Tracker 4C(あるいはEyeX)を使ったコミュニケーションボード作成ソフトウェアです。フォルダに画像と音声ファイルを入れて,メモ帳などで画像ファイルと音声ファイルの名前を並べたテキストファイルを書けば,画像を画面に表示して,それを見たり,画面をタッチすると音声を再生してくれるようになります。音声ファイルの代わりに別のテキストファイルを指定することもできますので,階層型のコミュニケーションボードを作るなどもできます。
 私のゼミでは,身体の不自由な子どもさんの意思伝達や教材作成をサポートするために使っています。



 本プログラムは,2019年度~2021年度 科学研究費助成事業(基盤研究(C),課題番号19K03389「センサ技術を活用した障害児の認知機能評価・発達支援プログラムの開発」)の補助を受けて開発しています。


動作環境

[ハードウェア]

[OS]


ダウンロード ↓このリンクでダウンロードしてください

eTalkのダウンロード…eTalk.zip


使い方

プログラムの実行